スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タバコ」と「読解力」の関係

こんばんは。

後藤です。

突然ですが、あなたは

タバコを吸いますか?

もしくは、家族でタバコ
を吸う人はいますか?

なぜこんな質問をするのか?

それは

「タバコ」と「読解力」


がどうも関係あるらしいのです。

以前、米国のシンシナティ子供病院の
約4400人を対象にした調査結果によると、

他人のたばこの煙(副流煙)を吸って
いる子供は、その量がごくわずかでも、
読解力や計算などの能力がわずかながら
低下することが分かったらしいのです。


タバコに含まれるニコチンが体内で分解
されるとコチニンという物質が出来ます。

そのコチニンの血中濃度が高くなるほど
計算力、読解力、理論的思考の能力が
わずかながら低くなる事が確認されています。

そのコチニンの濃度が血液1ミリリットル中
1ナノグラム(ナノは10億分の1)以下と
いう微量でも、点数の低下が確認されています。

1ナノグラムといっても"ピン"とこないと
思うのですが、1ナノグラムのコチニンは、
1日にたばこを1箱程度吸う人と一緒に
暮らしている子供の血中濃度にほぼ等しいようです。


影響はわずかなのかもしれませんが、
子供の読解力、発育を考えた時にタバコを吸う方は、
吸う場所を考えて吸った方が良いといえますね。

PS

もうすぐ春休みも終わりが近づいてきています。

新しい学期に向けて不安な所は今のうちに復習
しておきましょう。

漫画で読解力を伸ばす方法

こんばんは。

後藤です。

前回の話で、どうして、
漫画が読解力アップに役立つのか?

わかって頂けたと思います。

では、

どうやって漫画を活用して読解力を
伸ばすのか?


お子さんに質問して下さい。

「話のどんな所がおもしろかった?」

「どの登場人物が好き?」

「なぜ、その登場人物が好きなの?」


お子さんがおもしろい!

と思った事をアウトプットして
表現させて下さい。


何気なく普段の会話の中でお子さんに
質問する事で、自然とお子さんがアウトプット
する機会が増えます。

アウトプットすればするほど、表現する
力が伸びます。

表現する力(わかりやすく伝える力)が
伸びると、もちろん読解力も伸びます。


なぜなら

わかりやすく相手に伝える為には、
主語と述語を明確にして、5W1Hを使って
表現しないといけないからです。


表現できるという事は、逆に言うと読みとる事
も出来るという事です。

お子さんが、学校で勉強している教科書の内容、
読書した本の内容、漫画、テレビの内容でも
構いません。

最初は、お子さんが上手に表現できなく
ても、あせらず、関心をもって傾聴して
あげて下さい。

ここで、本当に関心を持って、興味津々
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
に聴いてあげる事がポイントです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうすると、お子さんは自分が楽しかった
事などをあなたに伝える事が好きになります。

そうすると、ますますアプトプットする
機会が増えるので読解力を伸ばすトレーニング
になりますので、このポイントをしっかり
おさえて下さいね。

是非、お子さんに聞いてあげて下さい。

「話のどういう所が面白かった?」

「どの登場人物が好き?」

「どうしてその登場人物が好きなの?」

そして、お子さんが話す内容を
しっかりと傾聴してあげて下さい。

読解力を伸ばすだけに留まらず、
親子関係にとてもよい影響がでます。

PS

親子関係もより信頼関係が深まりますので
とてもよいですよ。

是非お試しください。

何かあれば気軽に相談して下さいね。

質問はコチラ⇒ kokugo@ekatekyo.com

なぜ漫画で読解力を伸ばす事が出来るのか?

こんにちは。

後藤です。

漫画を使った読解力UPの方法を
お話する前に、

なぜ「漫画」で読解力を伸ばす
事が可能なのか?


疑問に思っておられる方もいると
思いますので、今日はそれについて
お話したいと思います。

読解力を伸ばす為には、
文章そのものの内容を理解するだけ
ではなく、想像力を伸ばす必要が
あります。


漫画には文字だけでなく、

登場人物の表情、風景などが
絵によって描かれているので、
文字だけで想像しにくい場面も
想像する事が出来ます。

想像しやすいからこそ、内容が
理解でき、その結果面白さを
感じて内容に引き込まれていくのです。

だから、

漫画を読むことで、

登場人物の表情や、背景の風景描写
などから心情や状況を感じ取り、イメージ
出来る力が養われます。


つまり人の気持ちや考えを察する
事が出来る力、結果を想像出来る
力をつける事が出来るわけです。

もちろん、漫画の内容をしっかりと
選ぶ必要はあります。

漫画でも見応えのある漫画は結構
ありますので、保護者の方が良いと
思うような漫画を読ませてみるのも
いいと思います。

この漫画の話をすると、

「後藤さん、ギャグ漫画は読ませて
 もいいのでしょうか?」

というような質問をうける事があります。

もちろんギャグ漫画ばかり読んでいては
いけませんが、息抜きにたまに読むという意味
では私も勧めています。

「笑う」

というのはとても精神的にいい事です。
リラックス出来て、気持ちに余裕を持つ
事が出来ます。

成績が良い生徒達を見ていると、その
「息抜き」をうまく使っている子達が多い
と感じます。

では、

次回は

漫画を活用した具体的な読解力アップの
方法について話たいと思います。




漫画と読解力は関係ある?

こんばんは。

後藤です。

突然ですが、

お子さんは「漫画」は好きですか?

もし漫画が好きであれば、
漫画を使って読解力を伸ばす
良い方法があります。


「え!?逆に漫画を
 辞めさせたいんですけど・・・」

「漫画と読解力なんて関係あるの?」

という意見が沢山聞こえてきそうです。

確かにケジメをつけず漫画ばかり読んで
いる場合は、時間を決めたりルールを決め
る必要があります。

漫画ばかりの生活ではいけません。

でも、完全に読ませないとなるとお子さん
も息がつまる事もあるでしょうし、精神的な
ゆとりを持たせて、お子さんを理解してあげ
た方が親子関係もよくなり、お子さんのやる気
UPにもつながります。

では、漫画を使った読解力UPの方法とは?

次回お話しますので楽しみにしておいて
下さい。



子供が読解力をつけたい!と思う瞬間。

こんにちは。

後藤です。

ブログへの記事のアップが遅れて
申し訳ありません・・・

前回の記事、「自ら勉強したくなる子」の続きを早速お伝えしたいと
思います。


「読解力」をつけたい!

と思うような話の具体例を
1つしたいと思います。


●設定は中学1年生の女の子とお母さん


母:「最近何か悩んでいる事とかある?」

子:「最近友達となんかギクシャクして
   て・・・」

母:「そうなんだ。どうギクシャクして
   いるの?」

子:「いつも自分で勉強してきてなくて、
  私の宿題を写しているから、『たまには
  自分でしなよ!』って言ったら私の
  事を見るとプイってするようになって・・・、
  あんなに仲が良かったのに・・・」

母:「あなたはどうしたいの?」

子:「仲良くしたい。」

母:「また仲直りして仲良くなれる方法が
   あるんだけど知りたい?」

子:「知りたい!!」

母:「それはあなたのその気持ちを上手に
  伝える事よ。あなたの気持ちがちゃんと
  伝わればまた仲良くなれるよ。ただ、相手
  がどうしてプイってするのか相手の気持ち
  もわかってあげないといけないわね。」

子:「お母さんどうやってそれを伝えたら
  いいの?」

母:「それはね・・・・」


-----中略------


母:「読解力がつくと、こうやって自分の気持
   ちを相手のハートにしっかり届ける事が
   出来るようになるのよ。
   あなたは読解力を身に付けたい?」

子:「うん!」


これは、私の関わった子の実話を元にして簡易的
に作成した話の例です。

・人間関係の問題

・トラブルの対処

・抱えている問題の解決


これらは読解力を身につけ、相手の気持ちを
察する事が出来、論理的思考が出来るように
なる事で出来るようになります。

是非、お子さんと積極的に関わり話をして
下さい。

そしてお子さんの勉強に「読解力」が必要な
事を教えてあげて下さい。

読解力が身に着く事で、お子さんがドンドン
豊かな人間になっていく事と私は確信しています。





無料コンテンツ一覧
カテゴリ
RSSリンクの表示
デスクスタイルファンページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。