スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タバコ」と「読解力」の関係

こんばんは。

後藤です。

突然ですが、あなたは

タバコを吸いますか?

もしくは、家族でタバコ
を吸う人はいますか?

なぜこんな質問をするのか?

それは

「タバコ」と「読解力」


がどうも関係あるらしいのです。

以前、米国のシンシナティ子供病院の
約4400人を対象にした調査結果によると、

他人のたばこの煙(副流煙)を吸って
いる子供は、その量がごくわずかでも、
読解力や計算などの能力がわずかながら
低下することが分かったらしいのです。


タバコに含まれるニコチンが体内で分解
されるとコチニンという物質が出来ます。

そのコチニンの血中濃度が高くなるほど
計算力、読解力、理論的思考の能力が
わずかながら低くなる事が確認されています。

そのコチニンの濃度が血液1ミリリットル中
1ナノグラム(ナノは10億分の1)以下と
いう微量でも、点数の低下が確認されています。

1ナノグラムといっても"ピン"とこないと
思うのですが、1ナノグラムのコチニンは、
1日にたばこを1箱程度吸う人と一緒に
暮らしている子供の血中濃度にほぼ等しいようです。


影響はわずかなのかもしれませんが、
子供の読解力、発育を考えた時にタバコを吸う方は、
吸う場所を考えて吸った方が良いといえますね。

PS

もうすぐ春休みも終わりが近づいてきています。

新しい学期に向けて不安な所は今のうちに復習
しておきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

無料コンテンツ一覧
カテゴリ
RSSリンクの表示
デスクスタイルファンページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。