スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供が読解力をつけたい!と思う瞬間。

こんにちは。

後藤です。

ブログへの記事のアップが遅れて
申し訳ありません・・・

前回の記事、「自ら勉強したくなる子」の続きを早速お伝えしたいと
思います。


「読解力」をつけたい!

と思うような話の具体例を
1つしたいと思います。


●設定は中学1年生の女の子とお母さん


母:「最近何か悩んでいる事とかある?」

子:「最近友達となんかギクシャクして
   て・・・」

母:「そうなんだ。どうギクシャクして
   いるの?」

子:「いつも自分で勉強してきてなくて、
  私の宿題を写しているから、『たまには
  自分でしなよ!』って言ったら私の
  事を見るとプイってするようになって・・・、
  あんなに仲が良かったのに・・・」

母:「あなたはどうしたいの?」

子:「仲良くしたい。」

母:「また仲直りして仲良くなれる方法が
   あるんだけど知りたい?」

子:「知りたい!!」

母:「それはあなたのその気持ちを上手に
  伝える事よ。あなたの気持ちがちゃんと
  伝わればまた仲良くなれるよ。ただ、相手
  がどうしてプイってするのか相手の気持ち
  もわかってあげないといけないわね。」

子:「お母さんどうやってそれを伝えたら
  いいの?」

母:「それはね・・・・」


-----中略------


母:「読解力がつくと、こうやって自分の気持
   ちを相手のハートにしっかり届ける事が
   出来るようになるのよ。
   あなたは読解力を身に付けたい?」

子:「うん!」


これは、私の関わった子の実話を元にして簡易的
に作成した話の例です。

・人間関係の問題

・トラブルの対処

・抱えている問題の解決


これらは読解力を身につけ、相手の気持ちを
察する事が出来、論理的思考が出来るように
なる事で出来るようになります。

是非、お子さんと積極的に関わり話をして
下さい。

そしてお子さんの勉強に「読解力」が必要な
事を教えてあげて下さい。

読解力が身に着く事で、お子さんがドンドン
豊かな人間になっていく事と私は確信しています。





コメントの投稿

非公開コメント

無料コンテンツ一覧
カテゴリ
RSSリンクの表示
デスクスタイルファンページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。