スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業プリントはもう手放せない!

おはようございます。後藤です。

前回の

「授業プリントをテスト対策に活用する方法!」

で学校のプリント活用する勉強法を
お伝えしましたが、もうお子さんに
試してもらったでしょうか?

私は、前回と今回の記事を書きながら、
国語が嫌いだった頃の小学生時代を
思い出していました。

漢字を書くのも面倒くさい・・・

学校からのプリントもぐちゃぐちゃ・・・

ノートは国語と他の教科が混じった
ノートになってしまっている・・・


実は、私も小学5年生の初めごろまでは、
このような状況でした。

本当に国語が嫌いでした。

私の親も本当に心配して、無理やり塾に
行かせられた事もありました。

でも、それは私の勉強嫌いを加速させました・・・

もちろんこのような状況ですから、
国語の成績は・・・

いいはずがありません。

でも、小学5年生の時に、“キッカケ”
があり私の国語力、学力はぐんぐん
上がっていきました。

私と同じように、国語で悩んでいる
子ども達、保護者の方にとって、役立つ
ように始めたブログとメルマガですが役に立って
いればうれしく思います。

すいません、プリント学習のアドバイス
をするつもりが、勉強嫌いだった小学時代
を思い出してしまって、ついつい長くなって
しまいました。

あと、本題に入る前にお伝えしたい事が
あります。

学校の勉強だけでなく、読解力を
伸ばす為の勉強法も教えてほしいという
メールも届いていますので、

「学校の国語勉強法編」

を早く切り上げて、読解力をあげていく

「読解力を伸ばす勉強法編」

に入っていく事も出来るのですが、
どうでしょうか?

読者の方の回答で多かった方を採用したいと
思っています。

でも、ちゃんと学校の国語勉強法編も
中途半端にはしませんので安心して下さい。

もし、個別に聞きたい方は

kokugo@ekatekyo.com

にメール頂ければ、このメルマガ上で優先
してその悩みを解決してきますので遠慮なく
メール下さい。

それでは、早速今日の内容に入っていきたい
と思います。


●プリントをぐちゃぐちゃにしたり
なくしたりする子が、プリントを
次の日から整理し始める仕掛け


についてです。

---------------------------------------
■「もう授業のプリントは手放せない!」
---------------------------------------


あなたのお子さんは、学校から配布されて
いるプリントをちゃんと全部持っている
でしょうか?

持っていても、ぐちゃぐちゃにせずに
整理出来ていますか?

ちゃんと書きこんでいますか?

もし、この答えに

「NO」

であれば、今日の内容はあなたのお子さん
の行動を変える為にとても重要です。

もし、

「YES」

であれば、今日の内容は特に必要ありません。

確認するつもりで読んで下さい。

●どうやったらお子さんが、プリントを
ぐちゃぐちゃにするような子が、プリント
を整理し、活用できるようになるのか?


やり方は
以前の記事でお伝えした、
ノートを取らないお子さんが

「何が何でもノートを取らないといけない!」

とお子さんに思うように、気付かせる方法と一緒です。

以前の記事はコチラ

「なぜプリントを整理して活用しないといけないのか?」

そのメリット、デメリットを伝えるだけでいいのです。

例えば、お子さんに限らず私達大人も、

「確実に結果が出る!」

とわかっているものには意欲が出ますよね?

学校の先生は、テストに出す重要な所を
プリントの空白にして一緒に埋めていきます。

つまり、そこをおさせえておけば、

「確実に結果が出る!」

わけです。

「でも、国語の勉強となるとなんか実感
 持ちにくいし、やる気もでない・・・」


という子もいるでしょう。

そのような場合は、処方箋として
以下のようなステップでお子さんに
プリントの重要性を気付かせて下さい。

ステップ1:
前回のテスト範囲のプリントを用意する
(自分のがなければ友だちにコピーさせて
 もらうか、借りる)


ステップ2:
テストの問題がプリントから出ているのか
確認する


この作業をやると、ほとんどのお子さんが
ちゃんとやっていれば国語でほぼ満点
近くとれた事を実感できます。

つまり

「確実に結果が出る!」

という事を実感出来るわけです。

今回のテストで、ものすごくもったいない
事をした事を教えてあげて下さい。

出来ればこの作業は、お子さん1人に
やらせるのではなく、一緒にやって
あげて下さい。


1人でやるとどうしてもちゃんとやらない
お子さん達もいます。

一緒にゲーム感覚でやってあげて下さい。

ステップ1とステップ2の作業を
お子さんと一緒にやってあげる事で、
お子さんも、単に言葉で言われるよりも、
具体的にメリットとデメリットを
ちゃんと理解してくれます。

それと同時に、

ちゃんとやったら学校の国語の
テストで確実に点数を取る事が
出来るという事に気づくはずです。

しかも簡単に。

子供達が自ら

「行動」


する為に、

私達親がお子さんが、自分自身で

「気づく」

環境を作り、体験させないといけません。

どんなにうるさく言っても、お子さん自身に
「気づき」がなければ「行動」は変わりません。

まずは「気づき」を与えて行動出来る
キッカケを作ってあげましょう。

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

無料コンテンツ一覧
カテゴリ
RSSリンクの表示
デスクスタイルファンページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。