スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画で読解力を伸ばす方法

こんばんは。

後藤です。

前回の話で、どうして、
漫画が読解力アップに役立つのか?

わかって頂けたと思います。

では、

どうやって漫画を活用して読解力を
伸ばすのか?


お子さんに質問して下さい。

「話のどんな所がおもしろかった?」

「どの登場人物が好き?」

「なぜ、その登場人物が好きなの?」


お子さんがおもしろい!

と思った事をアウトプットして
表現させて下さい。


何気なく普段の会話の中でお子さんに
質問する事で、自然とお子さんがアウトプット
する機会が増えます。

アウトプットすればするほど、表現する
力が伸びます。

表現する力(わかりやすく伝える力)が
伸びると、もちろん読解力も伸びます。


なぜなら

わかりやすく相手に伝える為には、
主語と述語を明確にして、5W1Hを使って
表現しないといけないからです。


表現できるという事は、逆に言うと読みとる事
も出来るという事です。

お子さんが、学校で勉強している教科書の内容、
読書した本の内容、漫画、テレビの内容でも
構いません。

最初は、お子さんが上手に表現できなく
ても、あせらず、関心をもって傾聴して
あげて下さい。

ここで、本当に関心を持って、興味津々
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
に聴いてあげる事がポイントです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうすると、お子さんは自分が楽しかった
事などをあなたに伝える事が好きになります。

そうすると、ますますアプトプットする
機会が増えるので読解力を伸ばすトレーニング
になりますので、このポイントをしっかり
おさえて下さいね。

是非、お子さんに聞いてあげて下さい。

「話のどういう所が面白かった?」

「どの登場人物が好き?」

「どうしてその登場人物が好きなの?」

そして、お子さんが話す内容を
しっかりと傾聴してあげて下さい。

読解力を伸ばすだけに留まらず、
親子関係にとてもよい影響がでます。

PS

親子関係もより信頼関係が深まりますので
とてもよいですよ。

是非お試しください。

何かあれば気軽に相談して下さいね。

質問はコチラ⇒ kokugo@ekatekyo.com
スポンサーサイト
無料コンテンツ一覧
カテゴリ
RSSリンクの表示
デスクスタイルファンページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。