スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「読解力」の大きな影響

こんばんは。

後藤です。

最近小学校高学年、中学生になって
はじめて、読解力が必要な事を実感
される保護者の方が多いような気がします。

テストの結果を毎回みる事で、文章題での
間違いが多い事や問題の意図を捉え違えてた
結果、しょうもないミスをしている事を目に
する機会が増えるからでしょう。

算数、数学は計算力があれば解ける問題
だけでなく、学年が上がるにつれて文章題
が多くなってきます。

算数、数学にしても、問題文を正確に読み解く
力がないと、計算問題以外の問題で点数が取れなく
なってくるのです。

英語にしても、文章の内容を理解するには
読解力が必要です。

「誰が」「何を」「いつ」

「どこで」「どうした」

などを捉える読解力がないと、英文を読み解く事は
出来ません。

しかも、読解力がないと、文章を書く事も上手く
出来ません。

上手くかけないという事は、つまり

コミュニケーションでも自分が思っている事を
上手く表現出来ないという事です。

このように

読解力の影響はとても大きなものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では、

「読解力」はどのようにしたらつける事が出来るのか?

読解力のつけ方は、読解力をつける勉強法と
読書など色々ありますが、

今日は、ご家庭で取り組むことが出来る、
お子さんを読書に慣れ親しめさせる事が出来る
簡単な方法を1つお伝えしたいと思います。


------------------------------
■読書へ慣れ親しむ方法
------------------------------


最近、学校によっては朝の10分間読書
というものを取り入れている学校もあり、
読書のキッカケを作る努力をしています。

ですが、せっかく読んでいて

「おもしろい」

と思ってもそこで読書が終わり、家庭で
本を読む習慣がないとその場で終わってしまって
せっかく芽生えた読書に対してのキッカケを
活かす事が出来ません。

だからお子さんが

「読書をする時間」

を家庭でどうやって作るのか?

がとても重要になってきます。


今、あなたはお子さんに「読書する時間」を
どのように作っていますか?

ゲームやっているのに、テレビのスイッチを
いきなり消して

「さあ、読書(勉強)の時間よ!」

というような事はしていませんか?

それだと、お子さんの反発を招いてしまって
うまくいかない事は言うまでもないでしょう。

大事なのは、「読書がおもしろい!」という事
にいかにしてお子さんに気付いてもらうのか?

という事です。

「読書しなさい!」

と言ったあなたはその時何をしていますか?

お子さんに読書を勧めていて、自分はテレビを
見ている・・・

というのではお子さんを読書の世界に誘う事は
難しいと思います。

お子さんが読書に対して乗り気でない時は、
親子で一緒に読書に取り組むと言う事が私は
大事だと思っています。


出来れば、お子さんが読書に取り掛かれるタイミング
を上手に使う方がよいでしょう。

・食事の後
・テレビを見終わった後
・お風呂上り
・寝る前の10分間

などタイミングを見つけて親子で読書タイムを
作るととても効果的だと思います。

リラックスして、ソファに寝転がって読んで
も良いと思います。

お子さんが読書に自然に慣れ親しめるように、
お子さんが気楽に読書出来る時間をうまく活用
して、それを生活に取り込んでいくという方法
がとても効果的でしょう。


いつの間にかお子さんが

「読書好き」

になっていると思います。

ただ、1つ注意してほしいのが、読書を
お子さんに強制してしまうと、逆に

「読書嫌い」

にしてしまう可能性もあります。

ポイントは、お子さんが自発的に
読書するように導いてあげないと
いけません。

だからお子さんが読書にまだ興味を
持てない時や、読もうとしない時は
出来るだけ最初は一緒に本を読んで
あげると良いと思います。


お子さんがちょっと本に飽きてきたな~

と思ったら、

本の内容をお子さんに質問してみて下さい。

「主人公はこの後どうなるの?」

「最後はどうなるの?」

「ヒロインの子とは結婚するの?」

「海賊との戦いはどうなったの?」

というような感じですかね。

お子さんが今まで読んだ内容や、まだ読んでいない
先の事でもいいので質問してみて下さい。


そうすることで、お子さんの読書に対しての
モチベーションをサポートする事が出来ます。


お子さんが本の内容に対して話す内容に興味、
関心を持って聞いてあげて下さい。

お子さんはとてもうれしそうに本の内容を
話してくれるはずです。

つまり、ポイントをわかりやすく伝えると、

親がお子さんと一緒になってどれだけ読書を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
楽しむ事が出来るのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という事です。

本を最後まで読み切る事が出来るようになると
達成感にもつながりますし、「次の本を読んでみよう!」

という気持ちをお子さんに作る事が出来ます。

その結果、読解力の向上につながっていくのです。

今日も長い文章にお付き合い頂きありがとうございます。


PS

最近、社会人の方からノウハウ本やスキルアップ本に関する
効果的な読書の仕方について相談を受ける事があるのですが、
私がやっている読書方法の1つに、

「目的をハッキリさせて読む」

という方法があります。

つまり、全部を読まなくても自分が知りたい目的がハッキリ
しているのであればそこだけを読んですぐに実践するという
方法です。

大事なのは実践ですからね。
スポンサーサイト
無料コンテンツ一覧
カテゴリ
RSSリンクの表示
デスクスタイルファンページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。